装創

SONY”Reader”を手始めに、携帯電子機器等に手軽にお使いいただけるカバー、アクセサリを提案していきます。 当サイトは皆様のご意見などを参考に展開していきたく思っています。どうぞお気軽にコメントください。

3Dプリンター

Reader カバーのパーツを出品

このブログで紹介したReader カバーのプラスチックパーツを rinkak に出品しました。
クレジットカードまたは PayPal でお買い求めいただけます。

3Dプリンターや3D-CADの知識は一切不要で、出来あがったパーツが届きます。

 SONY Reader PRS-350 カバー 0.5t 2個組
 https://www.rinkak.com/shop/aimai/6341334528950272

rcov_350_05

接着し易いようにアクリル樹脂を選択しました。

和紙等で作ったカバーシート、直径2mmのアクリル丸棒(長さ179mm)と本品で製作します。
アクリル丸棒を取り囲むカバーシートの厚さは0.5mm以下を想定しています。

丸棒を接着する穴は内径1.9mmにしています。 ホームセンター等で売っている丸棒の外径はバラツキがある為、必要に応じてドリルで穴を広げるか紙やすりで丸棒を削るなどしてご使用ください。

カバーシートの作り方や組み立て方は「Readerカバー作り方」を参考にして下さい。
アクリル丸棒周囲の厚さと寸法を合わせて様々な布地や素材で個性的なカバーを作ることが出来ると思います。


rinkak が正式サービス開始

3Dデータを作って、形に出来るものを誰もが手軽に販売できるサービス rinkak が正式オープンしました。 ナイロン、ABS樹脂、アクリルと言ったプラスチックの他、ラバー風の樹脂や陶器、ステンレス、ブロンズ、シルバー、チタン、フルカラー石膏で造形可能と言うことです。

Reader カバーのプラスチックパーツも 3Dプリンター で作りましたから、提供出来るかも知れません。 今月はもう一つ WEEKEND MAKERS と言うサービスが開始される予定です。(現在はこちらで先行仮登録受付中!)

既にサービスを提供している TECSHAR(テックシェア)3D CAD DATA.com  など 3D CAD データを使って手軽にものづくりを楽しめる環境が整ってきているように感じます。 なんでもかんでも 3Dプリンターと言う訳にはいきませんが、使えるところから楽しみながら試してみたいと思います。

最近はフリーで使える Autodesk 123D Design と言うCADソフトを使って、小さなプラスチック・パーツを造形依頼する経験もしました。

DSC00039

各サービスの内容を確かめて試してみたいと思います。





プロフィール

sousou_1

月別アーカイブ
装創 宛てBlogMail


--- ご了承下さい ---

注意して記事を書いていますが、記事及びリンク先の情報による不利益について、一切責任を負い(負え)ません。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ