装創

SONY”Reader”を手始めに、携帯電子機器等に手軽にお使いいただけるカバー、アクセサリを提案していきます。 当サイトは皆様のご意見などを参考に展開していきたく思っています。どうぞお気軽にコメントください。

カバー

Reader カバーのパーツを出品

このブログで紹介したReader カバーのプラスチックパーツを rinkak に出品しました。
クレジットカードまたは PayPal でお買い求めいただけます。

3Dプリンターや3D-CADの知識は一切不要で、出来あがったパーツが届きます。

 SONY Reader PRS-350 カバー 0.5t 2個組
 https://www.rinkak.com/shop/aimai/6341334528950272

rcov_350_05

接着し易いようにアクリル樹脂を選択しました。

和紙等で作ったカバーシート、直径2mmのアクリル丸棒(長さ179mm)と本品で製作します。
アクリル丸棒を取り囲むカバーシートの厚さは0.5mm以下を想定しています。

丸棒を接着する穴は内径1.9mmにしています。 ホームセンター等で売っている丸棒の外径はバラツキがある為、必要に応じてドリルで穴を広げるか紙やすりで丸棒を削るなどしてご使用ください。

カバーシートの作り方や組み立て方は「Readerカバー作り方」を参考にして下さい。
アクリル丸棒周囲の厚さと寸法を合わせて様々な布地や素材で個性的なカバーを作ることが出来ると思います。


Readerカバーのプラスチックパーツ

 記事「Readerカバー作り方」へのコメントでプラスチックパーツの作り方を教えてほしいとのご要望がありました。 写真入で紹介します。 ピンボケ写真になってしまいましたがご容赦下さい。

先に概要を書くと次のような手順です。
 1. マスター製作 (三次元CADでモデリングデータを作り、造型機で製作)
 2. シリコンゴム製の型を製作
 3. プラリペアという樹脂補修材で成型


最初に、Reader PRS-350のカバー取り付け用の窪み周辺をノギス測定して三次元CADで作図してモデリングデータを作り、造型機(3Dプリンター)でマスターを作りました。 3Dプリンターによるマスターは造形の仕組みによって表面がザラザラしています。(ガーゼ位のメッシュ構造です。)

DSC00037

写真のように指の付け根付近に円筒形の突起を付けた短靴のような形をしています。 かかと部分には後で説明するドリル作業の中心になる窪みを作っています。

この短靴のようなマスターの足の甲側を適当な容器の底に両面テープで固定し、シリコンゴムを流し込んで型を作りました。
DSC00039

この型の中で樹脂を硬化させればパーツが出来ます。 初めはクリスタルレジンと言う2液性のエポキシ樹脂を使おうと考えたのですが、今回のように極少量を使う場合は扱い難いと考えて、プラリペアを採用しました。

上の型にパウダーを入れてリキッドを注入する作業を3回程度にわけて成型します。 一回で作ろうとすると底の部分にリキッドが回らず成型不良になってしまいます。

数分待って型から取り出すと下図のようなパーツが取れます。
DSC00040

バリをとって、必要に応じてヤスリ掛けして形を整えます。

このパーツをアクリル製の丸棒の両端に接着することでカバーを止めるのですが、市販の丸棒(押し出し成型品)は外径のバラツキがあって、直径2mmに対して2.1mm程度のものもあります。 手持ちの丸棒に合わせてプラスチックパーツに貫通穴を開けてアクリル棒を接着します。 そのドリル作業の中心がかかと部分の窪みです。

プラスチックパーツをお分けすることも可能ですが、以上の通り射出成型品と異なる品質と作業時間を要します。 ご理解頂いた上でご希望があればパーツ提供を考えてみたいと思います。

ご意見等、お聞かせ頂ければありがたいです。

このプラスチックパーツは rinkak でお買い求めいただけます。
                → Reader カバーのパーツを出品


プロフィール

sousou_1

月別アーカイブ
装創 宛てBlogMail


--- ご了承下さい ---

注意して記事を書いていますが、記事及びリンク先の情報による不利益について、一切責任を負い(負え)ません。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ